【青野ダム】苦悩の末の50cm マッドペッパー炸裂

今年の夏は、何かが違う。そう感じていた真夏の釣行。昨年ならば、水通しの良いメインチャネル沿いのハンプにサカナは付いていた。ベイトフィッシュが絡めば、高い確率で50cmクラスを釣ることが出来た。しかし、今年は、メインチャネルのハンプ周りにベイトフィッシュがいない。ハンプ周りも全く反応がなく、昨年グッドサイズを連発できたテキサスリグやラバージグも沈黙していた。

全く反応がない理由を、自分なりに考えてみた。今年は、夏に差し掛かるまで大減水していた。そこからの大増水で、一気に満水となった。減水時は、当然サカナにとってみれば、死活問題であることから、深場へ移動する。安定して水量が確保できる領域を望む。ダム湖であれば、それはダムサイトということになる。しかし、ダムサイト周りは、ベイトフィッシュも少なく、何よりも水が悪い。もうひとつのセオリーとして、増水すればシャローがある。確かに冠水したカバーは多く見受けられるが、シャローのカバーでは小バスやギルの反応があるばかりで、パッとしない。シャローカバーから、沖のハンプをスローに攻めるも反応はなく、巻物にも反応がなかった。そうして2度ボウズをくらった3度目。その理由を明らかにしないまま、夏を終えることはできない。まだ、夏を感じる9月初。ボートを浮かべた。

これまでの状況を踏まえ、小バスデカバスの住み分けの考え方に立てば、後はディープしかない。チャンネル沿いであれば、湧き水の可能性もゼロではない。ターゲットレンジを7mに据えて、アプローチすることにした。ハンプから7mまでをタイトに落としたいことから、ウェイトは重めのラバージグとテキサスで攻める。しかし、反応はない。メタルジグでリアクションを狙ってみるも、反応はない。青野川の橋桁付近から、島周りのディープを探っても反応がないまま、昼を迎えた。

昼を過ぎて、シャロー狙いに切り替え、青野川から尼寺前までのストレッチを流していくも、反応はない。閉塞感が漂っていく。ここで、一旦フラットになって状況を整理する。夏の定番のチャンネル沿いに反応はない。しかし、そこが活きるのはベイトフィッシュが絡むとき。ベイトフィッシュが最も確認できたのは島周り。可能性が高いのは島周りしかない。残り時間が2時間余りとなって、島周りに賭けることにした。島周りでは5mレンジを中心に魚影が映る。そこを、スローに攻めても小さなアタリがあるばかりだった。メタルを入れても状況は変わらない。魚影が映るポイントに直接テキサスを入れていくが反応はない。しかし、テキサスを回収しようと巻き始めた時、明確なアタリが出た。中層の横引き。それに反応した。すぐにテキサスを入れてスイミングしてみるが反応はなかったが、サカナからの反応があったことは大きい。4mレンジを狙えるクランク、マッドペッパーマグナムを結んだ。それをキャストして1投目。いきなりガツンッときた。

生命感が伝わってきてバスだとわかった。そこまでグイグイとは引かない。巻物に反応してくるくらいだから、30か40クラスだろうと高を括り、一気に引き抜こうとしたが、全く持ち上がらない。ボート側面に現れたのは40クラスを優に超えるサイズだった。慌ててネットを手にして引き寄せネットに収めた。デカイと感じたサイズは、50ジャストのグッドサイズだった。これだ。残り時間1時間を切ったところで、道が拓けた感覚があった。ベイトフィッシュの動きに付いているバス。視線は上にあるのだろう。だから、底付近には反応しない。そして、横の動き。これが、1匹から導いた仮説だった。その仮説を検証するために、残り時間巻き続けたが、残念ながら反応はなかった。

リベンジを願いながら向かった青野ダム。昨年までのサマーパターンに引きずられて迷走してしまったが、フィールドは、秋らしい様相を呈していた。タフになればスローにフィネスに、というアプローチは、常に正しいとは限らない。つまり反応が無いのは、決してバスがタフだという理由にはならない。これは自分自身の経験に基づくもの。思い込みによらず、状況にフラットに向き合うことの大切さ。そのことを教えられた一匹であった。

ロッド:エンズヴィル ENC71M
リール:MGX L
ルアー:ディープクランク(マッドペッパーマグナム)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です