【青野ダム】GWのプリスポーン

今年になってから初めての釣行。断続的に降り続いた雨も上がり、春らしい天候に恵まれたGW中盤。久々の青野ダム釣行に向かう。状況的にはポストスポーニングの時期であるが、個人的にアンフェアで面白みに欠けるネストはやらない主義故に、セカンダリーエリアのプリスポーンに狙いを定める。用意したタックルは、巻物がジャークベイト、ディープクランク、スピナーベイト。カバーやセカンダリースポット狙いにラバージグとテキサスリグを準備した。

所用によりボートを出す時間は9時を過ぎていた。また、早めの15時に上がる必要があることから比較的短い釣行になる。まず、青野ダムは思っていた以上に減水が激しかった。おそらく2m以上は減水している。通常ならばスポーニングエリアとなるフラットがことごとく干上がった状態になっている。さらに、そこには陸っぱりアングラーやヘラ師が並び、アプローチできる余地はない。これでは、バスも近づけるはずもない。まずは、ワンド入り口にあたる岬エリアをチェックしていく。ワンド内も、フラットに向かう部分にクランクを入れ、フォローでジグ・テキサスを落としていく。岬を中心にチェックしながら上流部に向かうが、反応はない。相変わらずシャローエリアには、ルアーを投げ入れることができるスポットは非常に限られている。

中流域までの4mラインまでをチェックしていく。青野川は、フラットの対岸のストレッチにジグを入れていくが、反応はない。午前中までに、おおよそのスポーニングに絡むセカンダリーエリアはチェックしてしまった。手詰まり感を感じてしまうが、バスは必ずシャローを伺っている。シャローに行きたくて仕方がないはずだ。エリアを絞り込んでじっくりと探っていくことにする。

まず、スポーニングとして大場所であること。そして陸っぱりが入れないエリアであること。そのセカンダリーを重点的に探ってみることにした。スロープ付近のスポーニングエリアに向かうが、まさかの場所にまで人が入り込んでいる。その手前のブレイクを探っていくが反応はない。対岸の橋からの上流に向かうワンド入り口をチェックしていく。比較的大きめのワンドに向かうが、やはり奥には陸っぱりアングラーがいる。しかし、このワンドは、離れた位置からはわかりにくいが、レイダウンが点在している。シャローに向かいたいバスはこういったスポットにステイする。

レイダウンのシャロー側だけではなく、その伸びた先までを丁寧にテキサスを入れていく。奥までいくことなく、対岸にスイッチしていく。これまでのレイダウンは細目の木が多かったが、しっかり目のレイダウンを見つけた。シャローに向かいたいバスが立ち止まるには絶好の場所だ。テキサスリグを根本付近に入れる。落としていくとモソッというアタリが出る。すかさず合わせてレイダウンから引き離す。グッドサイズの引きだ。ほどなくネットに収まったのは、48cmのプリスポーンバス。狙い通りのサカナだった。

やはり、シャローに向かうセカンダリースポットにいた。それも、ここぞという教科書通りの場所だ。こういったスポットを見つければいい。しかし、そういったスポットは、減水の中にあってレアなスポットだ。中流域に思い当たるスポットはあったが、時間が迫っていた。同じワンド内のスポットをチェックし続けたが反応はないまま、ボートを上げる時間となった。

陸っぱりプレッシャー、減水、ピーカンといった悪条件が重なれば、必然的にピンスポットがキモになる。決して簡単ではない状況の中で、狙い通りにプリスポーンを釣り上げることができた満足感がある一方で、スポーニング自体が上手くいくのだろうかと心配になった釣行だった。そしていよいよ、サーフェスや巻物で狙っていけるアフタースポーンのシーズンがやってくる。新たな期待を胸に帰路についた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:MGX-SHS L
ルアー:テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です