【青野ダム】冬のメタル/32cmと逃したサカナ

正月明けの最初の連休。例年ならば真冬パターンでゆるぎない時期ではあるが、今年は気温が下がりきらず、真冬の状況とはいいがたい。それゆえに、釣行前は比較的シャローレンジを見据えたアプローチも選択肢として考え、ジャークベイトやスピナーベイトも準備していた。しかし、いざフィールドについてみると、その想定は早々に覆されてしまった。減水が激しい。ここ数年では最大といっていいほどの減水だ。2m以上、3mに迫る勢いかもしれない。水温は7℃あるが、減水傾向にある状況で、やはりサカナは、深場を意識するであろうから、シャローレンジの見込みは薄いと感じた。しかし、深場を第一条件として考えることができるため、エリア的にはダムサイトに絞り切れる点はやりやすい。あとはどのレンジをターゲットとするかだ。

減水の影響もあってワカサギ釣りのボートや筏が、沖目に出ている。そのため、ダムサイトといっても半分は立ち入ることが出来ない。スロープを出て右サイドにある岩盤エリアか、対岸の橋の出口あたりがエリアになる。まずは水温と水深、ベイトの状況を確認するためにスロープ側の岩盤をチェックする。3mから7mへ、そして10mラインへと落ちていく。ラバージグとスピナーベイトを岸際に入れて落としていく。ベイトレンジは7mから8mにある。まずは、このレンジをチェックしていく。岸際に落としていくパターンのあとは、7mレンジをメタルジグでチェックしていく。しかし、岩盤から落ちたであろう木々への根掛かりが激しい。メタルジグでは効率が悪い。しかし、ワームでスローに攻める気はない。ガード付きのラバージグを入れていくが反応はない。

対岸の岬に移動する。ここもいつものディープフラットが、4mラインになっている。ベイトはやはり8m付近に映る。ベイトの映り方は、岩盤エリアよりも圧倒的にいい。また、10mレンジの状況もいい感じだ。メタルジグを入れていく。岩盤エリアに比べると根掛かりもなく釣りやすい。しかし遅いスタートということもあって、昼を過ぎてもサカナの反応はない。午後になって水温が若干上がってきた。ジャークベイトやスピナーベイトを入れていくが反応はない。7mか10mか。この時点では、まだ確証は得られていない。風が吹き始めたころ、風に流されながらメタルジグを入れていく。すると反応が出る。合わせると生物反応はあるが、バスではないようだ。上がってきたのはニゴイだった。しかし、生き物の反応があることはいいサインだ。まずは10mラインに絞っていく。

いい感じのディープフラットにメタルジグを入れていく。明確なアタリがあって慎重に上げていくと、32cmの体格のいいバスだった。冬とはいえしっかりと捕食できている印象だ。サイズ的には満足できるものではないが、まずは1匹。これよりもグッドサイズは、このレンジよりも上かもしれない。その迷いを消し去ることが出来ないまま、10mレンジを攻め続けることにする。すると、明確なアタリと、グンッグンッという引きがある。1/2ozのメタルジグは、自重もあることから、アワセようとロッドを戻してラインテンションが無くなったとき、外れてしまうことがある。それゆえにラインを緩めないように巻き合わせを試みる。しかし、巻き上げのスピードがフックセットに至る前に、吐き出してしまった。グッドサイズのアタリを逃したショックは大きすぎた。1日やって1本という覚悟はあったが、それを逃したとき集中力は途切れてしまった。残り時間、攻め続けたものの、その後アタリが出ることはなかった。

逃したサカナは大きかった。メタルジグの「アワセは、バレる」という考えが今回は当てはまらなかった。今回得た教訓は、たとえアワセでバレたとしても、アワセは行うべき。特にジグを丸呑みしてしまうサイズであれば、吐き出されてしまえば終わり。アワセでバレるのは、それまでのサイズという考えで割り切れば、やはりアワセは明確に行うべきだろう。30cmクラスを取らんがために、グッドサイズを取り逃がす戦術を選択すべきではない。全くの反省の釣行だった。

ロッド: ロードランナー HB640ML
リール: REVO MGX SHS-L
ルアー: メタルジグ TC-METAL 1/2oz

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です