【青野ダム】大減水の青野ダムで53cm+45cm

正に酷暑の夏も、小休憩かのように例年並みの気温予想となったお盆明けの休日。気温は15℃。朝は、すでに秋を思わせるような装いだった。ウインドブレーカを羽織っての準備となったが船を出す7時を過ぎると夏ような暑さが戻ってきた。青野ダムは、大減水中。岸際を見渡すと、ざっと2mくらいの減水となっているようだ。前回、50アップを釣ったスポットは、当然ながら状況が変わっているはず。決して簡単ではない展開を予想した。

ボートを出すと早速中流域に向かう。水温は、27.5℃。真夏とは言えないが、決して適水温でもない。微妙な感じだが、この水温も昼間には30℃近くに上がってくるだろう。やはり、まずは夏のパターンで推してみることにする。夏の定番は、支流からの流れがボディチャネルにぶつかるエリアだ。まずは、そういったホットスポットをチェックすることで、その日の状況を掴むことが出来る。前回、50アップを釣ったスポットは、水深が4mを切っていた。水深は、浅くなってはいるが、その分、水温が下がっている。まずは、前回と同じスポットを探って行く。

このスポットは、居れば食うスポット。テキサスでボトムの変化をじっくりと探って行くが反応がない。やはり、前回とは状況が変わっているのか。しばらく探ってみたものの反応がない。一旦、その場所を離れて、橋脚を狙うことにする。橋脚といっても、そのものを狙うのではない。その土台となる部分を狙って行く。このエリアも夏に50アップの実績のあるエリアだ。橋桁からチャンネルに落ちるブレイクをテキサスとラバージグで探って行くが反応はない。ここは時間を費やすエリアではないので、尼寺の支流に移動する。

支流の入り口にあるレイダウン。減水ですっかりと姿を表しているが、まだその大半は水に使っている。ここも春に47cmを上げた場所。付いている時にはいる。根本付近にテキサスを落として行くとアタリは出るが、グラブのテールを取られる程度。サイズ的には大きくないようだ。バスは、そのサイズによって住み分けをしていると考えている。ボウズ回避のために、どうしてもアタリが出やすい小バスのエリアに執着しがちだが、それは自分にとっては罠だ。故に25cmクラスの釣れるエリアは見切ることにしている。これは、50アップをコンスタントに釣るためのコツであるともいえる。

レイダウンの対岸からフラットに続く沖側の変化を釣って行く。ここでもアタリは出るが、ジャンボグラブやラバージグを食いきれる大きさではないようだ。近くにいたアングラーがやはり25cmクラスを釣っていた。やはり、こういったエリアではないようだ。そこも見切りをつけて、もう少し沖側の深い水深を釣って行くが反応はなかった。11時を過ぎた頃から、朝一のスポットに向けて風が吹き始めた。これは状況が動くはず。そう感じ取り朝一のスポットに入り直す。いい感じに風が吹いている。いつもの定番スポットより、もう一段階深いエリアを狙うイメージ。明確なブレイクを釣るというよりも、ハンプを釣るイメージなので、ラバージグをバンプさせる感じで釣って行く。

すると、ググッとアタリが出る。来た!とすぐさまアワせる。バスの重さが乗ってくる。これはグッドサイズだ。バスは突っ込むことなく浮き上がってくる。跳ねると感じ、ロッドを下げた瞬間、エラ洗い一発、フックは外れてしまった。40後半は確実なサイズ。「今日はもう終わったかもしれない」。厳しくなると感じていただけあって、ショックが隠しきれない。しかし、風は止まない。チャンスはまだ有るとすかさずラバージグを入れると、すぐにアタリが出るが乗らない。続けてハンプをアップヒルで狙って行く。するとグッとアタリが出る。来た!とアワセると、今度は深場に潜って行く。ラインテンションを緩めることなく、しっかりとアワセを入れながら、吹き上がって来たところをネットに収めた。デカイ!。50後半を期待したが、53cmの頭デッカチのバス。ネットに収めた瞬間にラバージグはポロリと外れた。危なかった。

その後、風向きが代わり状況が変わったかのように感じた。少し場を休ませようと離れることにした。またフックが鈍っているような感じがしたことから、ラバージグを付け替えた。その日、朝から何度か根掛かりを外していたが、こうした繰り返しでフックは確実に鈍っていく。しばらくエリアを転々とし、ルアーも各種試したが新しい発見はなかった。その日は、三田の花火大会があって夕方から交通規制が入ると聞いていたこともあって、早く上がる予定でいたことから、最後に53cmを釣ったエリアに入り直す。同じようにハンプを釣って行くと、明確なアタリが出る。引きは50アップ程ではないが、グッドサイズ。上がって来たのは、スリムな45cmのバス。厳しいと想定していた状況の中で、53cmと45cm。満足の結果ということにしてボートを上げた。

ロッド:エンズヴィル ENC71MH
リール:メタニウムHG
ルアー:TC-JIG Football 3/8oz(ガード外し)+ジャンボグラブ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る