【青野ダム】台風一過の晩秋&激濁にメタルジグ

前回の夏の釣行から久しく、久々に釣りに行こうかと思っていた矢先に、大型台風が直撃、さらに翌週末も雨という不天候続きで、ついに11月に入ってからの釣行になってしまった。青野ダムでは、すでにワカサギ釣りも始まり、朝の冷え込みも相まって、すっかり晩秋の装いとなっていた。ボートを湖面に浮かべると、すでに多くのボートが浮いている。みな天候の回復を待って、乗り出したといった感じだろうか。

青野ダムの状況としては、水温は朝の時点で15℃を下回る。すっかりと水温も落ちてしまった。そして、何よりも水質だ。台風の影響からか一気にターンオーバーが進んだような感じだが、ターンオーバーと異なる点としては、浮ゴミの多さと湖全体が同じように濁っていることだ。ターンオーバーの濁りに豪雨の濁りが混ざったような感じだ。ベイトの状況を確認しながら、まずは中流域を目指す。

晩秋のパターンとしては、まずベイト。ベイトを留めるフラットかハンプ、それに絡む縦ストラクチャーだ。岬が定番といえば定番だが、青野ダムには、他にも魅力的なハンプがある。ハンプが魅力的である理由は、岬周辺にはやはり陸っぱりアングラーやヘラブナ師がいるし、岬に比べて視覚的に分かりにくいことから、スレにくいという点がある。しかし、有名どころのハンプには、やはり先行者がいる。ベイトの状況を確認しながらボートを進める。

ベイトのレンジは4m〜5m。これに絡む地形の変化が狙い所とアタリを付ける。まずは、5mダイバーのクランクを通し、ブレイクにあるだろうゴロタ石をテキサスで探り、ハンプはジグで流していく。しかし、アタリはない。一応、ベイトボールが確認できることから、それに付いているであろう回遊系バスをメタルジグとスピナーベイトで狙っていくも、アタリはない。やはり、ニゴリの影響だろうか。カバーやストラクチャーにタイトに付いていることを想定し、シャローを打つことも考えるが、陸っぱりアングラーやヘラブナ師により、狙えるストレッチは限定的だ。

そこで、沖の変化にタイトに付いているバスをリアクションで釣る方針に切り替える。水深5m前後にあるブレイクなどの縦ストラクチャーにメタルジグの1/2ozをバーチカルに落としていく。すると、間もなくヒットする。一見、バスらしくない引きだったが、上がってきたのはコンディションのよい35cmのバス。このパターンを基本に通していくことにする。

このパターンは、正直数が勝負だ。いかにバスの目の前にジグを落としていけるかに掛かっている。それを覚悟して、ひたすらにジグを落としていく。類似したエリアを周りながら、丁寧に探っていくが、そのままアタリなく終了となってしまった。釣果としては、決して十分ではない釣果であったが、全体的なコンディションの中で、晩秋定番のメタルジグで釣れたことには意義がある。サイズ的には満足できるものではないものの、まずまずの結果ではなかったかと思う。

これからの時期は、バスの浮き沈みが激しくなる。そういった状況を的確に見極めながら、巻物からジグまでを上手く使いながら、シーズナルなパターンにマッチした釣り方で、本来のバス釣りを楽しみたいと思う。

ロッド:ダイコードレッドノート BRDC-65MX
リール:アブガルシア Revo LTX-L
ルアー:TOROS CUSTOM メタルジグ TC-METAL 1/2oz

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です