釣れない状況を逆手に取る

フィールドに多くの人がでているのに、釣れていない状況があって、相当厳しいと判る。その状況をみて、やっぱり厳しいからと思うのは勝手。しかし、それは自ら”釣れないモード”を受け入れていること。

そこは、釣れていない状況を逆手に取って戦略を組みたい。つまり、”多くの人が釣れていない”ということは、”多くの人が行っているアプローチでは釣れない”ということ。

フィールドに浮いているボートのほとんどが、シャローレンジを攻めている状況ならば、シャローは捨てる。バス釣りは、確率のゲームだ。そのことに別の側面から立ち返ってみる。

サカナを探そうとする視点ではなく、アングラーの視点から確率を考えてみる。だから、”多くの人が釣れていないやり方”を避ける。そして、あえてその対局にある戦略をとってみる。

多くの人がサカナがいると思っているところから、一番遠いところから探っていく。多くの人がシャロー狙いならば、考えられる最深のディープを出発点として考えてみる。釣れていないのは、バスが消えてしまったわけではない。

そのフィールドのどこかに必ずいる。最も安心して過ごせる場所があるならば、誰もがアプローチしないような場所。”確率のゲーム”の視点をどこに置くか。釣れていないという状況を逆手にとって、バスの居場所を探していこう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)