【青野ダム】秋のラバージグ

11月に入り、いよいよ秋らしさを深めてきた晩秋の青野ダム。水温は、17℃。適水温といわれる20℃を下回ってきた。秋というと荒食いの秋と総称される一方、気温や水質の変化も大きく、またバスがベイトの動きに引きづられるなど、エリアやレンジの選定が難しくなる。サイズを選ばない釣りであれば、ライトリグで数釣りを楽しめる時期ではあるが、クオリティフィッシュとなると、途端に難しくなるのも秋の特徴のひとつといえる。

ボートを出廷したのは、7時半を過ぎた頃。もちろん、狙いクオリティフィッシュ。いつもの通り、スピニングタックルは準備していない。もう、このスタイルを続けて3年以上にはなるが、ハイプレッシャーといわれる青野ダムでも、それなりに釣りを楽しめている。秋といえば、まずベイト。ベイトがいればバスもいる。まだ、下流域までは落ちきっていないとの想定から、魚探でベイトを確認しながら、中流域を目指す。

ポツポツと魚影は確認できるが、魅力的なものではない。下流域を素通りし、中流域のブレイクと岬が隣接するシャローカバーをチェックする。この時期、クオリティフィッシュが釣れるパターンのひとつにシャローパターンがある。しかし、シャローといっても何処でも良いわけではない。ディープや岬、フラットなど、ベイトが関連してくる複合要因がポイントになる。こういった条件を設定し展開しなければ、無駄にシャローを打ち続けてしまうことになる。さらに、岸際にはヘラ釣り師たちがいるので、攻められるシャローは限定的になる。

中流域のシャローをラバージグでチェックしたのち、その先の岬をディープクランク、ブレイク周りをメタルジグでチェックする。最後に一通りスピナーベイトを通す。その後、さらに上流部を目指す。夏場に良かったチャンネルと地形変化が絡む場所。エリア的には上流すぎる感はあったが、とりあえず確認してみることにする。ベイトがいい感じに映っている。ここはアリだ。まずは、ディープクランクとスピナーベイトでチェック。その後、メタルジグを入れる。

ブレイクにあたるゴロタ石のピンスポット。その場所を特定するためにテキサスリグを入れる。すると、いきなりバイトしてきたがフックセットしない。ここでライトリグのフォローを入れたいところだが、持ち合わせがない。ジャンボグラブをセットしたラバージグを入れる。ボトムを感じ始めた頃、バイトが出る。すかさずアワセにいく。グッドサイズの引き。しかし、期待に及ばず、40cmを下回る37cmのバス。コンディションは非常にいい。

8mレンジの3〜4mにベイトが映る。それ故、クオリティフィッシュは5mレンジの変化に付いているのか。その想定で、同様のスポットをボトムから中層までを探っていくが、反応はない。途中、シャローレンジをチェックし、ベイトスポットをローテーションで回っていくが、ラバージグ、メタルジグ、テキサスリグでナマズ、ヘラブナ、ブルーギル、ニゴイを釣る外道のストレートフラッシュを達成するも、クオリティフィッシュの顔は拝めなかった。

反省点としては、ラバージグは、3/8oz、メタルジグは1/2ozを使っていたが、もう少し軽めでフォールを魅せる攻め方も有効ではなかったかと感じる。また、ハードベイトでの広く探る釣りや、シャローレンジの攻め、フォローベイトの準備などやりきれていない点は、まだまだ多い。それでも、外道を含め十分に釣りを楽しめた一日だった。

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウムHG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM TC-JIG/Flip&Slide + ジャンボグラブ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です