【青野ダム】メタルジグの中層釣り

ようやく残暑も薄れ、日に日に秋らしくなっていく10月。青野ダムは、曇り空ということもあって、釣りをするには悪くはない雰囲気を漂わせていた。しかし、ターンオーバーの影響からか、水の状態は決して良いとはいえず、特に下流域は、見るからに水が良くない。秋といえば、ベイトがカギになる季節。ベイトの影の出方が、釣果に直結することも少なくない。しかし、下流域のハンプに映るベイトの影は、決して良いものとは言えなかった。ある程度まとまったベイトの影があれば、その後ろにバスが付いている可能性がある。そういった場合には、ベイトの影を散らすようにルアーを入れてやれば、スイッチが入ることもある。しかし、魚探に映るベイトの影は、散らす程のまとまった影ではない。下流域のハンプを早々に見切って上流部に向かう。第二ダムは、ベイトの影響にこだわることなく、バスを寄せ付ける。入口の変化では、クランクベイトが効く。しかし、その変化を輪切りにしていくも反応はなかった。

加茂山第二公演前のシャローフラットは、その沖でチャンネルにぶつかる。そこにブレイクがあるが、バスはその変化に付く。クランクベイトでサーチし、テキサスリグでフォローを入れるが反応はない。いつもなら、アタリが出ていい場所ではあるが、反応は全くなかった。そのあたりから、戦術と実態とのズレを感じ始める。めぼしいスポットをチェックしながら、上流域のハンプに向かう。夏から秋にかけての本命スポットだ。

まずは、ハンプのブレイクにあるゴロタエリアをテキサスリグでねらい撃つ。すると、すぐにアタリは出るが乗らない。早く合わせすぎたか。次のアタリでは、送り込みを十分に行おうと決める。ココッというアタリが出る。ロッドを倒して送り込む。ラインを少し出しから聞いてみる。すると生物感が伝わってくる。スイープにアワセていくと、ググッと重さが乗る。42cmのグッドサイズ。やはりいた。しかし、その釣れ方に違和感を感じる。その違和感は、現実のものとなり、その後アタリはパッタリと途絶えてしまう。

ベイトが浮き気味になると、バスもそれに付いて浮く。夏場などは、カバーにぴったりと寄り添っている場合も多いので、テキサスリグのボトムサーチでも反応は出る。しかし、カバーから浮いてしまうと、途端にテキサスリグ系への反応は薄れる。バスの視線は元々上にあることに加え、ベイトに意識が向いているからだろう。そこで、よりアピール力の強いラバージグを選択。ボトムを感じながら引いてきて、ブレイクのハードボトムを感じたあと反応がなくなる。ジグがブレイクから中層に出た証拠だ。そのボトムの反応が無くなった瞬間、強くルアーが下へ持って行かれる。そのままフックセット。上がってきたのは、38cmのバス。40cmには満たなかったものの貴重な一匹だ。まさに、クオリティフィッシュ。この一匹が中層狙いを確信させた。

より効率的に中層を狙えるメタルジグにチェンジ。ハンプの上に落とし、リフト&フォールしていく。ボートがディープ側に流され、それに伴って、メタルジグのボトムの反応もなくなる。そのままフォールさせていくといったアプローチを繰り返す。そして、ついにグンッとアタリが出る。メタルジグはバレやすいから、ラインを緩めないように慎重にランディング。今日一の45cmのグッドサイズ。やはり中層だ。ブレイクから離れたところの中層。もっとも狙いづらい状態であるともいえる。秋といえばターンオーバーという理由で、すぐにタフという状況に結びつけやすい。しかし、エリア選択さえ誤らなければ、食い気のあるバスいる。秋の中層釣りの難しさと、攻め方の重要性を体感することができた釣行だった。

ロッド: ロードランナー ST680MH
リール: メタニウム HG
ルアー: テキサスリグ ジャンボグラブ 7g

ロッド: ロードランナー ST700H
リール: メタニウム HG
ルアー: ラバージグ TOROS CUSTOM Flip&Slide 3/8oz

ロッド: ロードランナー LTT650M
リール: REVO LTX
ルアー: メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL 1/2oz

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です