【青野ダム】30アップ10本超え

2週間ぶりの青野ダム。台風一過、その後の気温低下の影響がどれほどあるのか。不安と期待を抱きながら出廷。水の状態は、台風の影響からか若干の濁りと浮きゴミが点在しているものの、ターンオーバーの水を流してくれたのか、前回ほど悪くはないように感じる。水温は18℃。日中帯は20℃程度まで上がる。バスにとっては、適水温の範疇だ。しかしながら、前回の状況を踏まえても、シャローよりもミドルレンジを軸に考えていく。

ターゲットレンジは、5m。前回の好調だったボディレイクの上流部にあるスポットを本命と考ええるが、そこいくまでにめぼしいスポットをチェックしていく。スロープ沖のハンプ、第二ダム、加茂山第二公園沖のブレイク、岬、水中島周り。クランクで流した後、テキサスでボトムを探り、ヘビダンでフォローを入れいく。しかし、いずれのスポットも反応がない。活性チェック場である、尼寺筋のレイダウンに入る。相変わらずサカナはついているようで、ルアーには反応してくるが、活性が高いという状況とはいえない。やはり、シャローレンジは捨てる。

満を時して、前回のスポットに入る。山立てをしながら、魚探で確認すると、程なくスポットが見つかる。ここはボトムのゴロタが鍵になる。テキサスリグを入れてボトムの状態を確認する。すると、ゴリゴリ感が伝わってくる。そうそう、これこれ。そこでステイを入れると、ココッとアタリが出る。モゾモゾしている感覚も伝わってくる。一気に合わせるとグイグイと強い引き。いきなり来た!やっぱり来た!アドレナリンの噴出を感じながら、ランディングしていく。エンズヴィルの粘りがバスを浮かせるのを待って、ランディングネットを手にする。40UPは間違いない。タイミングを測ってネットを入れた瞬間、エラ洗い一発。フックアウトしたバスはネットに収まることなく、逃げて行ってしまった。

脱力感が襲ってくるが、まだ始まったばかり。気持ちを入れ替えるのと、雰囲気を変えるために、ヘビダンに持ち替える。すると、程なく33cmのグッドコンディションのバスが釣れる。よしっとばかりに、もう一度テキサスリグに持ち替える。ゴリゴリ感を感じているとググッと持っていくようなアタリ。ロッドが大きくしなる。これは30クラスではない。今度は、しっかりとフックセットしなければ。その思いでアワセ幅を取るためにテンションを緩めた。その瞬間にバスが水面でエラ洗い。またもフックアウトしてしまった。バラシた1時間後に、またバラシ。テキサスの日ではないのかとヘビダンに変えて、30UPを数本追加。その後、フックを交換したテキサスに、ジャンボグラブではなく、ファットアルバートをセット。それでも35クラスを追加。それから、いろいろとワームを試すが、テールの感じがいいのか、やはりジャンボグラブへの反応が早い。

釣れ方や数からして、決して活性が低いとはいえない。そこで、ディープレンジミノーとして活躍できるメタルジグを投入。真冬のようにバーチカルに落とすのではなく、軽めの1/4ozをキャストして、横にトゥイッチしながら落としていく。上げて落とすを繰り返すと、ニゴイが数本釣れる。そしてバスが交じる。そんな感じだ。昼を過ぎた時点で、釣れたバスは、メタルジグで釣れた25クラスを除き、36cmを最大にして、すべて30UP。10本を超えた。

午後からは、他のエリアをチェックするために、加茂山第二公園沖まで、下がってみる。しかし、他のエリアでの反応は薄い。例のスポットとの差は歴然としていて、圧倒的だった。やはり、あそこで終ろう。そう決めてスポットに戻る。午後からは風が出て来て雰囲気が変わる。午前のようにテキサスとヘビダンでもアタリはあるものの、午前のようなパワーが感じられない。テキサスリグでは、ナマズがヒットし変えたばかりのワームが一発でダメになった。これは、手を変えろということではないかと考えて、メタルジグに持ち替える。ニゴイやギルが釣れつつ、グッドサイズのバスがヒット。しかし、35クラスのそのバスは、ネット直前で、またもフックアウト。メタルジグはバレやすいということから焦りが出てしまった。風の影響からか、午前の”メタルは小バス”の状況は変わっている。わずかとなった残り時間をメタルジグで費やす。その後、ニゴイ4に対して、バス1といった割合で、30UPを追加。最後は、35cmのバスで締めた。

釣ったトータルとしては、午前にメタルで釣った25cm以外は、すべて30UP。数は、10本を超え、バラシを含めると、15本程度を掛けたことになる。他のボートがすべてボーズで、バスを手にしたのが自分だけという状況からしても、爆釣といっても過言ではないだろう。釣り方もさることながら、何と言っても場所だ。バスをストックする場所では、決して活性は低くない。地形をしっかりと読み取って、攻略したもののに与えられるご褒美といったとっころだろうか。このスポットがいつまで爆発するかはわからないが、もうしばらくは、いい思いをさせてくれそうだ。

ロッド: エンズヴィル ENC-71MH
リール: MGX-SHS-L
ルアー; テキサスリグ ジャンボグラブ 5g

ロッド: エンズヴィル ENC-69M
リール: LTX-SHS-L
ルアー; ヘビダン 4インチミートヘッド 5g

ロッド: エンズヴィル ENC-62LFS
リール: MGX-SHS-L
ルアー; メタルジグ TOROS CUSTOM TC-METAL  1/4oz

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です